タイ移住 移住してからのこと

タイにおける耐震構造とは?

投稿日:

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

暑さに参って熱中症やコロナでフィーバーしたりしていないでしょうか?

どうぞお体にはご自愛下さい。

さてタイでは建設中の端が崩壊したことが話題になっていますが、その他にも民意が崩壊した首相選が繰り広げられる事になりそうであり、何かと崩壊続きですね。

そこで今回は崩壊しそうになったタイ人友人の家を米津ケンシ、いやよねすけばりに突撃して訪問した際の記録を記したいと思います。

1.崩壊寸前。壁に亀裂の入った新築物件

タイの友人が家を買って半年。遊びに行くことになりました。

友人の家の所在地は、首都移転先候補であるミンブリー。湿地帯としても有名で、かつてコブラの一大生息地であったスワナプーム空港の北に当たります。

新築の家にお邪魔すると、壁という壁に亀裂が入っていました…。

どうやら湿地帯を買い上げたディベロッパーが適当に土盛りし、一瞬にして建て上げられた団地群の一軒なのですが、当然地盤沈下が起こる訳で。

大金をはたいて買った新築物件ですが、修繕費が買った額を越えそうな勢いでした。もってあと10年かと思います。

2.適当な支柱が入った我が家

友人が郊外に買った土地に家を建てるというので、現場視察に同行。

そこには細い支柱が彩られた何とも頼りない家が建っていました…

一家の大黒柱、という言葉がありますが、この大黒細柱では震度2の地震が来たら全て崩壊するでしょう。

図面を確認すると、支柱のが半分のサイズになっていました。家主に知られぬ前にコンクリートで塗り固めてしまえば、その差額が全部利益となるボロい商売です。

以上、皆さんがタイで家をご購入される際は、十分に気を付けて下さいまし。

-タイ移住, 移住してからのこと
-, , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

切られたはずの電話から聞こえてきたのは…

皆さん、如何お過ごしでしょうか。 さて、今や令和を生きる現代人にとって必須となった電話。 かつては一家に一台、いや村に一台しかなかった電話、それを持ち歩いて歩くことができるなんて、どこの村長が想像した …

電気代、水道代込み、3000バーツとは?

皆さん、長らくお待たせしました。KOBORI-Thailandで御座います。 私事ではございますが、蕁麻疹を発症しました。 調べると、どうやら熱に反応するコリン性蕁麻疹というタイプらしいのですが、いか …

バンコクに溢れる金城タケシたち

みなさんいかがお過ごしでしょうか。コボリです。 10数年前のタイでコーヒーを注文すると、その場で糖尿病を発症するくらい甘いコーヒーが出されたものですが、時を経て2021年8月現在、健康志向の高まりから …

タイへ移住してからのこと

タイに移住してからの事ですが、特筆すべきことはありません。ただまず目の前に立ちはだかる壁として、 「タイ語が分からない」 「日本とタイの文化の違い」 が、あると思います。 タイ語に関していえば、生活環 …

バンコク1のフェミ男出現

みなさん、如何過ごしでしょうか。コボリです。 さぞ元気に過ごされている事かと思われます。 毎日、バンコク市内でのデモのニュースが繰り広げられていますね。 言いたい事も言えないこんな世の中じゃ、どんどん …