タイの文化 タイ語 タイ語 タイ文化 移住してからのこと

タイ語のあいさつ

投稿日:2020-06-04 更新日:

あなたは、タイ語でちゃんと挨拶ができますか?
―はい。私は、できません。

タイ語の挨拶といえば、合掌をしたサワーディーカ(カップ)を思い浮かべる人が多いだろう。
しかし現実のタイ社会では、実はあまりメジャーな挨拶ではないと考えている。

なぜならタイの挨拶と言われているサワディーは、
1931年にタイで初めて始まったラジオ番組で、
終わり方に困ったパーソナリティーが、苦し紛れに「開発」したものなのだ。


その後、女子学生の間で流行し、現在の地位を得たという歴史を鑑みても、
スラングの発生の仕方と同じである。

浅~い歴史なのである。

今や日系、その他外資系企業の参入、その他諸々の影響で、
ニューヨークの次くらいに人種のるつぼとなっている、かもしれないバンコク。


勤め人のタイ人の中で「サワディーカ」は浸透しているような節もあるが、
企業によっては、サワディーカと言うように半強制しているような節もあって、
何とも納得がいかない。


そもそも挨拶する文化がないのに、「挨拶するのが常識」みたいな観念の元、
外来の文化を押し付けているようにも受け取れるからだ。

タイに挨拶という文化はそもそもなく、
顔の知れた者同士で、声を掛け合って気遣うのがタイだと思う。

挨拶と定義するのもはばかれるが、タイ語の正しい挨拶(たわむれ)を紹介しておきたい。

パイナイマー(ไปไหนมา)

どこ行ってきたの?

ギンカウルーヤン(กินข้าวหรือยัง)

ごはん食べた?

これらはあくまで「たわむれ」であって、
これを言われたからと言って、真面目に回答する必要はないし、
そもそも相手が返答を聞いていない場合が多い。

近所の人と、お互いバイタクに乗った状態で「パイナイマー」と聞かれても、
お互い時速20kmぐらいのスピードで擦れ違うから回答するのは物理的に不可能だし、
「ギンカウルーヤン?」と聞かれ、
「どこどこにあるお店で何を食べてきた、本当においしかった。」
などど真面目腐って答えても、誰も聞いていないので、
安心して「ギンレウカー(もう食べました)」、
もしくは「ヤンカー(まだです)」と答えて頂いて全く問題ない。

そのような顛末は、僕も経験していて、
タイ移住後の家出ハウス生活の中で、
タイ語、タイ文化のあれこれを色々経験させてもらった。

タイの歌姫タイ・オラタイの名曲にもあるギンカウルーヤン。
タイでは、かしこまった挨拶ではなく、たわむれを楽しんでほしい。

-タイの文化, タイ語, タイ語 タイ文化, 移住してからのこと
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

KOBORI日本語学校ワルグチ科 開校&閉校のお知らせ

みなさん。待ちに待った2021年の幕開けとなりました! 何ておめでたいんでしょうか。 さて、早速ですが、KOBORI日本語学校ワルグチ科 開校&閉校のお知らせを致します。 時は10年前。KOB …

イサーンからバンコクへ出てきた場合、こうなる

皆さんいかがお過ごしでしょうか。 風邪など召されておりませんでしょうか? さて私KOBORIですがコロナを召しまして、ホスピテルに閉じ込められていました。 タイの社会保険を利用しての滞在となりましたが …

タイ語辞書 おすすめサイト、アプリ 自動翻訳の未来

タイ語の翻訳をネットやアプリ上で行う人が多いと思うが、私が使ってみて良い、と思ったものを紹介したい。 J-DORADIC ดิกไทย-ญี่ปุ่น ดิกญี่ปุ่น-ไทย ออนไลน์ : …

金持ちの憂鬱タイバージョン

みなさんいかがお過ごしでしょうか。KOBORI-ThailandのKOBORIことコボリです。会社によっては二連休だったら三連休だったり四連休だったり、皆様それぞれが有意義な時間を過ごされていることか …

宗教上の理由で牛肉は食べません。和牛以外

皆様、如何お過ごしでしょうか。コボリタイランドです。 隣国マレーシアではリタイアメントビザ発給の条件が厳しくなり、大国に振り回され続けるアフガニスタンには終わりの見えない闘いがあり、これからの時代を生 …