タイの文化 タイ語 タイ語 タイ文化 移住してからのこと

タイ語のあいさつ

投稿日:2020-06-04 更新日:

あなたは、タイ語でちゃんと挨拶ができますか?
―はい。私は、できません。

タイ語の挨拶といえば、合掌をしたサワーディーカ(カップ)を思い浮かべる人が多いだろう。
しかし現実のタイ社会では、実はあまりメジャーな挨拶ではないと考えている。

なぜならタイの挨拶と言われているサワディーは、
1931年にタイで初めて始まったラジオ番組で、
終わり方に困ったパーソナリティーが、苦し紛れに「開発」したものなのだ。


その後、女子学生の間で流行し、現在の地位を得たという歴史を鑑みても、
スラングの発生の仕方と同じである。

浅~い歴史なのである。

今や日系、その他外資系企業の参入、その他諸々の影響で、
ニューヨークの次くらいに人種のるつぼとなっている、かもしれないバンコク。


勤め人のタイ人の中で「サワディーカ」は浸透しているような節もあるが、
企業によっては、サワディーカと言うように半強制しているような節もあって、
何とも納得がいかない。


そもそも挨拶する文化がないのに、「挨拶するのが常識」みたいな観念の元、
外来の文化を押し付けているようにも受け取れるからだ。

タイに挨拶という文化はそもそもなく、
顔の知れた者同士で、声を掛け合って気遣うのがタイだと思う。

挨拶と定義するのもはばかれるが、タイ語の正しい挨拶(たわむれ)を紹介しておきたい。

パイナイマー(ไปไหนมา)

どこ行ってきたの?

ギンカウルーヤン(กินข้าวหรือยัง)

ごはん食べた?

これらはあくまで「たわむれ」であって、
これを言われたからと言って、真面目に回答する必要はないし、
そもそも相手が返答を聞いていない場合が多い。

近所の人と、お互いバイタクに乗った状態で「パイナイマー」と聞かれても、
お互い時速20kmぐらいのスピードで擦れ違うから回答するのは物理的に不可能だし、
「ギンカウルーヤン?」と聞かれ、
「どこどこにあるお店で何を食べてきた、本当においしかった。」
などど真面目腐って答えても、誰も聞いていないので、
安心して「ギンレウカー(もう食べました)」、
もしくは「ヤンカー(まだです)」と答えて頂いて全く問題ない。

そのような顛末は、僕も経験していて、
タイ移住後の家出ハウス生活の中で、
タイ語、タイ文化のあれこれを色々経験させてもらった。

タイの歌姫タイ・オラタイの名曲にもあるギンカウルーヤン。
タイでは、かしこまった挨拶ではなく、たわむれを楽しんでほしい。

-タイの文化, タイ語, タイ語 タイ文化, 移住してからのこと
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

遂に捉えた!未確認飛行物体の正体をタイで暴く

みなさん、毎日コロナでお忙しい事かと思いますが、いかがお過ごしでしょうか。 KOBORI-ThailandことKOBORI、改めコボリです。 全世界レベルで、各業界共にコロナ大打撃を受けていると思いま …

バンコクに響き渡る!トヨエツの嗚咽

皆様いかがお過ごしでしょうか。KOBORI-Thalandです。 雨季だと言うのに、そんなに雨が降らないですね。 また終わりの見えないロックダウンの中、今回は私の身に大変な事件が起こりました。 床屋が …

雑なお供え

どーも。KOBORI ThailandのKOBORIです。本日はタイは首都のバンコクより、お届けいたします。 森羅万象に魂が宿っている… そのような感覚は、日本人の端の端の端くれであるKOBORIにも …

サブウェイで田舎者だとバレる危険性について

ロックダウンが続くバンコクですが、みなさんお元気に過ごされてることかと思います。KOBORI-ThailandのKOBORIことコボリです。 私は日本の田舎出身でして、自分の実家と比べてみてもバンコク …

タイのお葬式

タイのお葬式に参加した事はありますか? タイのお葬式は、日本の一般的なお葬式のように湿っぽくはありません。特に老衰で亡くなった場合などは、むしろ人生の新しい門出をお祝いする、そんな雰囲気すら感じられま …

第二次世界大戦より現地採用でタイに居住。常に新しい情報が求められている現代に疑問を感じ、バンコク回想録的な古い情報で郷愁に浸る日々。

ちょっと長いですが、タイに来た顛末詳細は下記Noteよりご覧ください。

-あれから13年 ただの都会に感じられるようになったバンコク 序章~第5章
https://note.com/kobori_thailand/n/n897a43adc760?magazine_key=meea26f633fad