タイの文化 タイ語 タイ文化 未分類

タイにて終活のチャンス到来!

投稿日:

皆様、いかがお過ごしでしょうか。コボリタイランドです。

海の風を浴びたくて、バンプーに行ってきました。バンコク市内からでも、渋滞していなければスクンビットを下って30分ぐらいで着きます。渋滞していた場合の責任は一切取れません。

海沿いの道を歩いて、潮風で顔がベトベトになり、打ち寄せる波と漂流して辿り着いたゴミの山、This is バンプーな景色となります

日本の友人が遊びに来た際、バンプーの海沿いレストランで海を見てテンション上がり過ぎて飛び込んでしまったのはいつのことだったやら。

そんな僕に、またとないチャンスが訪れてしましました…

中華系タイ人の風習

先週日曜日となりますが、2021年8月22日はタイにおける中国お盆のようなものでした。

通常チェンメンと呼ばれる先祖供養の儀式が3月くらいに行われるのですが、日本のお盆に近いこの時期にも似たような事をするようです。恐らくですが、台湾辺りで信仰の深い道教の中元節に当たるのかと思われます。

霊魂が下界をさまよう鬼月、中国のお盆「中元節」

https://tenki.jp/suppl/marinahishinuma/2016/08/16/14391.html

日本のお盆では、ご先祖様をお家へお迎えする時、お送りする時にそれぞれ迎え火、送り火を炊きますが、タイではご先祖様に届けたいものを焼く風習があります。

ただ実際に焼くのは、本物に見立てた紙となります。もったいないですから

大元を辿れば中国なのかもしれませんが、日本だと沖縄にも紙のお金を燃やす風習があるようです。

そして今回、天国にいるおばあちゃん、おじいちゃん宛に何を渡そうか、デパートをさまよっていました。

店員さんにも相談し、おばあちゃんの肌にも良く馴染むというSK-3という商品を選びました。天国のばあちゃん、喜んでくれるかな?

天国のじーちゃんに似合いそうなシャツと金の腕時計がありましたので、こちらも合わせて購入。

金の延べ棒は、SHOW by ショーバイで配っていたものに似ている気がしました。

終活のチャンス到来!

友達へのプレゼントを探していたら、自分の欲しいものが見つかってしまった…みなさんはそんな経験ありませんでしょうか。正にその時の私はそのような心境でした。

45歳でアーリーリタイアするポートフォリオは出来ていましたが、これを購入する事によって天国までのポートフォリオが完成しました。

-タイの文化, タイ語 タイ文化, 未分類
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自国にない他国のものを、自国の言葉で表現する難しさ

自国にない他国のものを、自国の言葉で表現する… 非常に難しい問題だと思いますし、商品ですと「いかにして分かり易く、かつ売れる商品名」という要素が多分に含まれていると思います。 -パットガパオは、果たし …

ラオスに消えた友人

みなさん、タイでタクシーに乗られた事はありますでしょうか? 度重なる価格改定があり、調べるのが面倒くさいので2017年の情報となりますが、初乗りが1キロメートル35バーツ、以後360メートル毎に2バー …

雨の続くバンコクより、一風変わったお酒の飲み方を御紹介(コロナ時代仕様)

毎日毎日、いや毎日雨が降り続いておりますオークパンサー後(暦上での雨期明け)のバンコク。バンコク在住者のツイッターでのつぶやきシローを拝見させて頂くと、洪水系のネタを見ない日はありません。 洪水からの …

タイの男前歌手 Stamp(スタンプ)

タイの男前歌手、Stamp(スタンプ)をご存知ですか? Stampというのはニックネームで、ニックネームとは言っても日本のそれとは違い、子供が生まれた時に両親がつけた「本物の」ニックネームとなります。 …

バンコクに響き渡る!トヨエツの嗚咽

皆様いかがお過ごしでしょうか。KOBORI-Thalandです。 雨季だと言うのに、そんなに雨が降らないですね。 また終わりの見えないロックダウンの中、今回は私の身に大変な事件が起こりました。 床屋が …

第二次世界大戦より現地採用でタイに居住。常に新しい情報が求められている現代に疑問を感じ、バンコク回想録的な古い情報で郷愁に浸る日々。

ちょっと長いですが、タイに来た顛末詳細は下記Noteよりご覧ください。

-あれから13年 ただの都会に感じられるようになったバンコク 序章~第5章
https://note.com/kobori_thailand/n/n897a43adc760?magazine_key=meea26f633fad