タイの文化 タイ語 タイ文化 未分類

山で一番早いのはオイラだ

投稿日:

みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

KOBORI-Thailand代表のKOBORIでございます。

2021年7月末より急に再開されたバンコクのロックダウン。おうち時間が長くなるにつれ、ネットフリックスやディズニーホットスターやオリンピックなど、すべて見尽くしてしまった方も多いかとお察しします。

そんな方々に、私KOBORIより朗報がございます!

手作りの木製カートでチキンレース

場所はチェンマイの山奥。レースの特設会場には多くの山岳民族が集まり、手作りの木製カートでチキンレースを繰り広げます。木製カートのエンジンとなるのは、山の傾斜のみ。よってスタート時、サポーターによる背中の押し具合で勝負の90%以上が決まると言っても過言ではありません。

それぞれの部族の名誉をかけ、男たちはひたすら山を下ります。手作りの木製カートには、そんな部族の誇りが詰まっているようです。

番組のタイトルは「ชาวเขา จ้าวความเร็ว(チャオカーオ ジャオ クワームレオ)」。意訳すれば、山岳民族スピード王決定戦 といったところでしょうか。

たまにめっちゃ早いヤツが出てくるのですが、大体ゴール直前で曲がり切れず、ガードレール代わりの牧草に激突してクラッシュします。それがこのレースの醍醐味でもあるようですが。

※素人の私が見た感じでは、色んな部品をつけて早くしようとするより、このおっさんのようにタイヤだけしかないシンプルなカートの方が安定していて、しかもめちゃくちゃ早い印象…

でもこのレース、初めて見た気がしない。その既視感の正体

このレース、今回のおうち時間のおかげで初めて知ることができたのですが、なぜか初めて見た気がしませんでした。

その既視感の正体とは…

恐らく、毎年琵琶湖で華々しく開催されていた鳥人間コンテストかと思われます。鳥人間コンテストは、素人やセミプロが集まって作った自家製飛行機の飛行時間や飛行距離を競う訳ですが、ググってみた所、未だに毎年開催されているようでうすね。知らなかったです。

ただ鳥人間コンテストと大きく違うのは、この競技は山岳民族限定のようですので、競技人口がまだまだ少ないこと。将来的には、今回の東京オリンピックでのスケボーのように、正式な競技としてエントリーされることも想像に難くありませんので、競技人口の少ない今の内にたくさんトレーニングを積んで、目指せ金メダル!

-タイの文化, タイ語 タイ文化, 未分類
-, , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

切られたはずの電話から聞こえてきたのは…

皆さん、如何お過ごしでしょうか。 さて、今や令和を生きる現代人にとって必須となった電話。 かつては一家に一台、いや村に一台しかなかった電話、それを持ち歩いて歩くことができるなんて、どこの村長が想像した …

バンコクに咲き乱れる昭和枯れすすき(まとめ)

皆さん如何過ごしでしょうか。KOBORI-Thalandです。 さぞ健やかに過ごされているかと想像します。 今まで仕事で様々な方々とお会いしてきましたが、やはり海外拠点で働いている醍醐味の一つとして、 …

千代のフジもビックリ!司会者の限界

皆様、いかがお過ごしでしょうか? 今日も雨が降ったり、晴れ間が覗いたり、忙しい日々ですが、皆様がさぞ健やかな日々を過ごされているだろう事は想像に難くありません。 先日、日本の異動シーズンという事もあり …

タイ語のあいさつ

あなたは、タイ語でちゃんと挨拶ができますか?―はい。私は、できません。 タイ語の挨拶といえば、合掌をしたサワーディーカ(カップ)を思い浮かべる人が多いだろう。しかし現実のタイ社会では、実はあまりメジャ …

もはやタイ人目線でないと理解できない日本

KOBORI-ThailandのKOBORIことコボリです。 ロックダウンとは言え、相変わらず今日もバンコクは南国の様相で気持ちがいいですね。 皆様も元気にお過ごしの事かと思います。 そしてこの南国の …

第二次世界大戦より現地採用でタイに居住。常に新しい情報が求められている現代に疑問を感じ、バンコク回想録的な古い情報で郷愁に浸る日々。

ちょっと長いですが、タイに来た顛末詳細は下記Noteよりご覧ください。

-あれから13年 ただの都会に感じられるようになったバンコク 序章~第5章
https://note.com/kobori_thailand/n/n897a43adc760?magazine_key=meea26f633fad