タイ移住 タイ語 タイ文化 未分類 移住してからのこと

タイにも迫りくる不況の波 突然解雇時のびっくり料

投稿日:

コロナ何とかの影響やらで、タイにも不況の波が迫っています。

当初、GDPの5分の1?を占めるという観光業に始まり、
市場で物が売れない事から、製造業の方にもそのしわ寄せが来ています。

実際、あれだけ貯金をしないと言われてきたタイ人ですが、
タイ中央銀行の発表で、2019年末から2020年6月までで貯蓄率が14%以上
増えているとかのいないとかで、
あのすごいタイ人の購買力を知る一人の外国人として、
にわかには信じ難い思いです。

そして、巷で新たなタイ語を耳にする機会が増えました。

それが今回紹介するカー トックジャイ

すなわち、びっくり料になります。

ブラック企業でなければ、従業員を解雇する際に云々かんぬんの保障金がつくわけですが、
その中で、突然解雇を言い渡された人たちに配られているのが、このびっくり料です。

KOBORIの周りのタイ人も数人がこのびっくり料を貰っており、
本当にびっくりしたとの事でした。

想像するに、下記のような状況下で渡されるのではないか、と考えています。

人事部長:「KOBORIくん、びっくりさせて悪いんだけど、君は我が社の現状を分かっているよね?」

KOBORI:「は、はい。」

人事部長:「今の業績では、部署によって余剰人員が出てきてしまっている状況だ。つまり…君のような…、分かってくれるよな」


KOBORI、机の下から渡された札束を無理矢理握らされる

-タイ移住, タイ語 タイ文化, 未分類, 移住してからのこと
-, , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

宵越しの金は持たないどころか、今宵の支払いもままならない

みなさん、いかがお過ごしでしょうか。KOBORI-Thailandことコボリです。 江戸っ子気質の一つとして考えられている「宵越しの金は持たない」。 タイ人の中には、それを悠々と越えていくような気質を …

タイ現地採用が考える老後

タイ現地採用として就職して、果たして老後は不安でしょうか? 私、個人の意見としては、いつ崩壊するかも分からない日本の年金制度や、既に崩壊している終身雇用制度に寄りかかって生きていくよりは、自分で自分の …

コーヒーの試飲で悪酔い

タイ人にとって今もっとも起業し易く、最も潰れやすいと言われている業種、ご存知ですか? それは、コーヒーショップであるかと思われます。 ラオスに行った際、床屋や美容院がやたらと多い印象だったのですが、あ …

BIG Cの映画館で一人

これはある意味、恐怖体験と言ってもいいかもしれません。 当時の私は会社で営業職だったのですが、新規顧客開拓や、既存顧客フォロー等で、忙しくバンコク郊外を走り回っていました。 初めのうちは、本当に大変で …

タイ語の外来語

日本語と一緒で、タイ語にも外来語がたくさんある。まず、タイ人の名前のほとんどはサンスクリット語だ。一般的に使われる言葉では、英語の外来語も多いので紹介したい。 どちらかと言えば、タイ語の英語外来語の方 …

第二次世界大戦より現地採用でタイに居住。常に新しい情報が求められている現代に疑問を感じ、バンコク回想録的な古い情報で郷愁に浸る日々。

ちょっと長いですが、タイに来た顛末詳細は下記Noteよりご覧ください。

-あれから13年 ただの都会に感じられるようになったバンコク 序章~第5章
https://note.com/kobori_thailand/n/n897a43adc760?magazine_key=meea26f633fad