タイ料理 タイ語 タイ文化 未分類

サブウェイで田舎者だとバレる危険性について

投稿日:

ロックダウンが続くバンコクですが、みなさんお元気に過ごされてることかと思います。KOBORI-ThailandのKOBORIことコボリです。

私は日本の田舎出身でして、自分の実家と比べてみてもバンコクは大大大都会。初めてバンコクでエレベーターに乗る時、とてもドキドキしたのを昨日の事のように思い出します。

十数年バンコクで過ごしているるので、今となってはまるで都会っ子のようなフリをして生活していますが、いつこの「都会」という化けの皮が剥がされるか、内心ひやひやしながら毎日を過ごしているのです。

そう、地方出身者にとっての最大の登竜門であるファーストフードチェーン サブウェイ。日本にもあるのか知りませんが、ここバンコクにもサブウェイは展開しています。このサブウェイでてきぱき注文できるかどうか、これが都会者か田舎者かを見分ける判断基準となります。

まず、値段設定が分からない

いくら田舎者と言え、いくつか選んでいって最終的に一つのフランスパンの中に落ち着くというセオリーは理解しています。ただ、なぜメニューに色んな種類があるのはなぜ?またトッピングに料金が加算されるパターンもあるのか?

色んな疑問が脳裏をよぎるのですが、店員にそんな愚問しようものなら、鼻で笑われ、すぐに田舎者とバレてしまうでしょう。

分からなければ田舎者、質問するのも田舎者

分からなければ田舎者、質問するのも田舎者。

サブウェイの前に立つといつもそのような気持ちにさいなまれます。

実際、勇気を振り絞って列に2回ぐらい並んだことがあるのですが、店員からだけではなく、並んでいる他のお客さんにも田舎者である事がバレそうになった為、慌てて逃げだしました。

あんなに怖い思いをしたのは、後にも先にも初めてです。

サブウェイで田舎者だとバレるぐらいなら、一生サブウェイを食べないで都会っ子のフリをして生きて行こうと心に決めたKOBORIがお届けしました

-タイ料理, タイ語 タイ文化, 未分類
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

心に刺さるタイの歌 ポンシット・カンピ― (พงษ์สิทธิ์ คําภีร์)

タイの歌にも色々な種類がありますが、プアチビット เพื่อชีวิต(人生賛歌)と呼ばれているジャンルがあります。 僕の感覚だと、「男臭いロック」ぐらいに意訳して良いかと思ってます。 そのプアチビッ …

タイの地方都市で母の懐に抱かれる

みなさん、いかがお過ごしでしょうか。さぞお元気な事かと想像しております。 タイも雨季となり、雨の日も多くなってきましたね。 先日、不注意な私は、雨など降らないだろうと高をくくって町中にランニングに出掛 …

バズるって言葉を初めて使う

こう日本を長く離れていると、芸能人や新しい造語に疎くなっています。 もともとKOBORIはメディアから距離を置いてきたタイプの人間なので、芸能人も、大好きなお笑いを除けば、電車の吊り革で情報収集するぐ …

タイ料理?牡蠣の卵炒めオースワン

みなさん、牡蠣と卵をいい感じで炒めたオースワンはお好きですか? ―はい、私コボリことKOBORIは大好きです。特にナコンパトムの巨大仏塔ことプラパトムジェディーで開かれる夜市、こちらのオースワンからバ …

腰を痛めた時、つまらない下ネタに持ち込まれるのを禁止したい

みなさん元気でお過ごしでしょうか?私KOBORIは、元気ではありません。 何を隠そうギックリ腰を発症してしまたからであります。 そしてBANGKOK共通なのが、腰を痛めた事を伝えると、すぐ卑猥な顔で話 …

第二次世界大戦より現地採用でタイに居住。常に新しい情報が求められている現代に疑問を感じ、バンコク回想録的な古い情報で郷愁に浸る日々。

ちょっと長いですが、タイに来た顛末詳細は下記Noteよりご覧ください。

-あれから13年 ただの都会に感じられるようになったバンコク 序章~第5章
https://note.com/kobori_thailand/n/n897a43adc760?magazine_key=meea26f633fad