タイ料理 タイ語 タイ文化 未分類

サブウェイで田舎者だとバレる危険性について

投稿日:

ロックダウンが続くバンコクですが、みなさんお元気に過ごされてることかと思います。KOBORI-ThailandのKOBORIことコボリです。

私は日本の田舎出身でして、自分の実家と比べてみてもバンコクは大大大都会。初めてバンコクでエレベーターに乗る時、とてもドキドキしたのを昨日の事のように思い出します。

十数年バンコクで過ごしているるので、今となってはまるで都会っ子のようなフリをして生活していますが、いつこの「都会」という化けの皮が剥がされるか、内心ひやひやしながら毎日を過ごしているのです。

そう、地方出身者にとっての最大の登竜門であるファーストフードチェーン サブウェイ。日本にもあるのか知りませんが、ここバンコクにもサブウェイは展開しています。このサブウェイでてきぱき注文できるかどうか、これが都会者か田舎者かを見分ける判断基準となります。

まず、値段設定が分からない

いくら田舎者と言え、いくつか選んでいって最終的に一つのフランスパンの中に落ち着くというセオリーは理解しています。ただ、なぜメニューに色んな種類があるのはなぜ?またトッピングに料金が加算されるパターンもあるのか?

色んな疑問が脳裏をよぎるのですが、店員にそんな愚問しようものなら、鼻で笑われ、すぐに田舎者とバレてしまうでしょう。

分からなければ田舎者、質問するのも田舎者

分からなければ田舎者、質問するのも田舎者。

サブウェイの前に立つといつもそのような気持ちにさいなまれます。

実際、勇気を振り絞って列に2回ぐらい並んだことがあるのですが、店員からだけではなく、並んでいる他のお客さんにも田舎者である事がバレそうになった為、慌てて逃げだしました。

あんなに怖い思いをしたのは、後にも先にも初めてです。

サブウェイで田舎者だとバレるぐらいなら、一生サブウェイを食べないで都会っ子のフリをして生きて行こうと心に決めたKOBORIがお届けしました

-タイ料理, タイ語 タイ文化, 未分類
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

なぜ自分の鼻クソはこんなにカワイイのに、他人の鼻クソは汚く感じられるのか?

皆さんいかがお過ごしでしょうか。 毎日雨が降っても、それを一瞬にしてカラッと干し上げる太陽。 その恩恵を当たり前の事のように感じられるなったらおしまいで、この大地に生かされているという事を日々感じる事 …

自国にない他国のものを、自国の言葉で表現する難しさ

自国にない他国のものを、自国の言葉で表現する… 非常に難しい問題だと思いますし、商品ですと「いかにして分かり易く、かつ売れる商品名」という要素が多分に含まれていると思います。 -パットガパオは、果たし …

タイの歴史と共に振り返るアップルの歴史

みなさん、いかがお過ごしでしょうか。KOBORI-Thailandことコボリです。 バンコクは夜23時までの営業許可が出ていますので、そろそろ音楽が聴けるバーもオープンし始めてます。 まだお披露目でき …

カンボジアからやって来る、原価ゼロの衣類たち

週の真ん中でない木曜日、みなさんいかがお過ごしでしょうか。 KOBORIは慣れない週5勤務に、四苦八苦しております。 さて、みなさんはタイで極端に安い価格で売らている衣類を見かけた事がありますでしょう …

セルフカットdeジャンボオザキ

皆様、いかがお過ごしでしょうか。KOBORI-Thailandです。 雨続きのバンコク。さっそく恒例の水害が発生しているようですが、毎年の事ですね。タイ政府にも早く水害対策や遷都を検討して頂きたいです …

第二次世界大戦より現地採用でタイに居住。常に新しい情報が求められている現代に疑問を感じ、バンコク回想録的な古い情報で郷愁に浸る日々。

ちょっと長いですが、タイに来た顛末詳細は下記Noteよりご覧ください。

-あれから13年 ただの都会に感じられるようになったバンコク 序章~第5章
https://note.com/kobori_thailand/n/n897a43adc760?magazine_key=meea26f633fad