タイの文化 タイ語 タイ語 タイ文化

タイ語の月の名称が覚えられない

投稿日:

            ปฏิทินพฤศจิกายน2563

ここだけの話となりますが、タイに10年以上住んでいるのに
タイ語の各月の名称が覚えられません。
来タイ当初、これらを覚える必要があるのかと戦々恐々とした思いで表を見つめ、
涙で枕を濡らしていたと言えば嘘になります。

  • 1月 モッカラーコム
  • 2月 クムパーパン
  • 3月 ミーナ―コム
  • 4月 メーサーヨン
  • 5月 プルッサパ―コム
  • 6月 ミトゥナ―ヨン
  • 7月 カラカダーコム
  • 8月 シンハーコム
  • 9月 ガンヤーヨン
  • 10月 トゥラ―コム
  • 11月 プルッサジガー ヨン
  • 12月 タンワ―コム

7月に喉がカラカラになって、8月にシンハを飲む等、
みなさん色々と工夫されて覚えてらっしゃるようですが、
僕は基本的に覚えられるわけがないと判断し、10年以上この問題を放置してきました。

例)
3月 ドゥアンサン
10月 ドゥアンスィップ

仕事上では問題なく使えていたのですが、
ここに来てこの問題が再発する事態となりましたので、ご報告させて頂きます。

なぜならなぜなら、

タイ人はワンプラ等の仏日のある仏暦と共に生きており、
田舎の方では、西暦より太陰太陽暦に基づく仏暦の方が優先されているいる場合があり、
「ドゥアン+数字」の表現だと、太陰太陽暦の事を指している事が多いからです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%B0%E5%A4%AA%E9%99%BD%E6%9A%A6
-太陰太陽暦- Wikipediaウィキペディア

本日は一見すると11月3日のようですが、
実はタイのカレンダーの数字の下には「12月レム3日」と書かれています。

満月を基準とし、月が欠けていく(レム)の一日目、二日目…
新月から月が満ちて満月に向っていく階段(クン)の一日目、二日目…。

今日は月が欠けていく12月の3日目だったんですね。

つまり、将来的にタイの田舎に住むことを考えている人間にとって、
タイ語の月の名称は、絶対に避けては通れぬ茨の道という事が分かりました。

-タイの文化, タイ語, タイ語 タイ文化
-, , , , , ,

執筆者:

関連記事

仏への深い合掌とあおり運転

皆さんいかがお過ごしでしょうか。 ここの所、夕方になると黒い雲が立ち込め、毎日のように雨が降る訳ですが、くすみ切った僕の心を洗い流してくれるかのようで、毎日「ありがとう。」という言葉が、ウンコのように …

臆病者の生き残りが今の人類?はタイ人には通じない

わたくしKOBORIですが、僭越ながらとんでもない大発見をしてしまいました。 米のフォーブス誌に寄稿しようか半日ほど悩んだのですが、この大発見を、まずはこのブログの読者様方に公表したい、という思いに至 …

「人ったらし」のタイ人

タイ人とお付き合いした事のある人はお分かりになると思うのだが、浮気っぽい(と言ったらよいのか、人懐っこいといったらよいのか)人が多い印象がある。 人生を賭けて本気で浮気をしている人もいれば、社内の雰囲 …

金持ちの憂鬱タイバージョン

みなさんいかがお過ごしでしょうか。KOBORI-ThailandのKOBORIことコボリです。会社によっては二連休だったら三連休だったり四連休だったり、皆様それぞれが有意義な時間を過ごされていることか …

デスコで氷の持ち帰り

皆さん、いかがお過ごしでしょうか? 知った事ではありませんが、さぞかし健やかな毎日を過ごされている事だろうと思います。 さて、タイといえば持ち帰り文化が有名ですネ。 屋台でのお惣菜に始まり、瓶に入った …