タイの歌 タイ語 タイ文化

心に刺さるタイの歌 ポンシット・カンピ― (พงษ์สิทธิ์ คําภีร์)

投稿日:2020-06-11 更新日:

タイの歌にも色々な種類がありますが、
プアチビット เพื่อชีวิต(人生賛歌)と呼ばれているジャンルがあります。

僕の感覚だと、「男臭いロック」ぐらいに意訳して良いかと思ってます。

そのプアチビットの中でも大御所なのが、この人。
ポンシット・カムピ―(พงษ์สิทธิ์ คําภีร์)です。

       ポンシット・カムピーの代表曲 スックジャイ

バンダナを鉢巻の要領で巻き付け、チェックのシャツでギターを羽織り、
悶々とした人生の紆余曲折を語らう。

人生の紆余曲折と言っても、一般的な男女の恋愛感情に始まり、
果ては両親に売春婦として売り飛ばされた彼女を買い戻す、という歌まであります。


(これは決してオーバーに表現している訳ではなく、
実際に来タイに根付いてきた近年まで見受けられた風習のようで、
タイ南部の売春宿に北タイの女の子が多いのは、これらが原因のようです。)

そして、このライブを見て頂けると分かると思うのだが、
プアチビットの基本スタイルは、
全員が主人公に成りきって、大合唱する事にあるような気がする。

僕もギターをあれこれしている為、
タイ人との飲み会の席で、伴奏を頼まれる事は多いし、
伴奏が出来るというだけで呼ばれる事もある。

そこで問われるのは、
プアチビットの曲のレパートリーの豊富さなのである。

みんなで気持ちよく酔っ払って、大合唱するために。

そうやって徐々にプアチビットのレパートリーを増やした僕ですが、
僭越ながらポンシット・カンピ―のスックジャイを歌ったりしています。


もしご興味ありましたら、ご覧ください。
ご興味ありませんでしたら、ご遠慮下さい。

สุดใจ 全身全霊/พงษ์สิทธิ์ คำภีร์  ポンシットカンピー by KOBORI Thailand – 音楽コラボアプリ nana

KOBORI Thailandが音楽コラボアプリ nanaに投稿した「สุดใจ 全身全霊/พงษ์สิทธิ์ คำภีร์  ポンシットカンピー」のサウンドページです。

-タイの歌, タイ語 タイ文化
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

タイの歴史と共に振り返るアップルの歴史

みなさん、いかがお過ごしでしょうか。KOBORI-Thailandことコボリです。 バンコクは夜23時までの営業許可が出ていますので、そろそろ音楽が聴けるバーもオープンし始めてます。 まだお披露目でき …

タイにも迫りくる不況の波 突然解雇時のびっくり料

コロナ何とかの影響やらで、タイにも不況の波が迫っています。 当初、GDPの5分の1?を占めるという観光業に始まり、市場で物が売れない事から、製造業の方にもそのしわ寄せが来ています。 実際、あれだけ貯金 …

恐怖の体育会系サワディーカップ工場

みなさん、2021年も早くも2月になりましたが、いかがお過ごしでしょうか?元気で明るい話題に満ち溢れている事をお祈りいたします。 さて、タイは微笑みの国と言われていますが、ご存知でしょうか?私も合掌を …

KOBORI日本語学校ワルグチ科 開校&閉校のお知らせ

みなさん。待ちに待った2021年の幕開けとなりました! 何ておめでたいんでしょうか。 さて、早速ですが、KOBORI日本語学校ワルグチ科 開校&閉校のお知らせを致します。 時は10年前。KOB …

タイの外来語 ヘッピーブースディ

みなさん、タイ語にも外来語が多い事をご存知ですか? 日本語にもカタカナ英語として定着した、ネイティブから見ると理解しがたいものが多いですが、タイ語にもそのような外来語が存在します。 ただ、タイ語の方が …

第二次世界大戦より現地採用でタイに居住。常に新しい情報が求められている現代に疑問を感じ、バンコク回想録的な古い情報で郷愁に浸る日々。

ちょっと長いですが、タイに来た顛末詳細は下記Noteよりご覧ください。

-あれから13年 ただの都会に感じられるようになったバンコク 序章~第5章
https://note.com/kobori_thailand/n/n897a43adc760?magazine_key=meea26f633fad