タイの歌 タイ語 タイ文化

心に刺さるタイの歌 ポンシット・カンピ― (พงษ์สิทธิ์ คําภีร์)

投稿日:2020-06-11 更新日:

タイの歌にも色々な種類がありますが、
プアチビット เพื่อชีวิต(人生賛歌)と呼ばれているジャンルがあります。

僕の感覚だと、「男臭いロック」ぐらいに意訳して良いかと思ってます。

そのプアチビットの中でも大御所なのが、この人。
ポンシット・カムピ―(พงษ์สิทธิ์ คําภีร์)です。

       ポンシット・カムピーの代表曲 スックジャイ

バンダナを鉢巻の要領で巻き付け、チェックのシャツでギターを羽織り、
悶々とした人生の紆余曲折を語らう。

人生の紆余曲折と言っても、一般的な男女の恋愛感情に始まり、
果ては両親に売春婦として売り飛ばされた彼女を買い戻す、という歌まであります。


(これは決してオーバーに表現している訳ではなく、
実際に来タイに根付いてきた近年まで見受けられた風習のようで、
タイ南部の売春宿に北タイの女の子が多いのは、これらが原因のようです。)

そして、このライブを見て頂けると分かると思うのだが、
プアチビットの基本スタイルは、
全員が主人公に成りきって、大合唱する事にあるような気がする。

僕もギターをあれこれしている為、
タイ人との飲み会の席で、伴奏を頼まれる事は多いし、
伴奏が出来るというだけで呼ばれる事もある。

そこで問われるのは、
プアチビットの曲のレパートリーの豊富さなのである。

みんなで気持ちよく酔っ払って、大合唱するために。

そうやって徐々にプアチビットのレパートリーを増やした僕ですが、
僭越ながらポンシット・カンピ―のスックジャイを歌ったりしています。


もしご興味ありましたら、ご覧ください。
ご興味ありませんでしたら、ご遠慮下さい。

สุดใจ 全身全霊/พงษ์สิทธิ์ คำภีร์  ポンシットカンピー by KOBORI Thailand – 音楽コラボアプリ nana

KOBORI Thailandが音楽コラボアプリ nanaに投稿した「สุดใจ 全身全霊/พงษ์สิทธิ์ คำภีร์  ポンシットカンピー」のサウンドページです。

-タイの歌, タイ語 タイ文化
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

仏への深い合掌、からの大暴走運転

KOBORI-Thailandです。みなさんいかがお過ごしでしょうか? さぞお元気な事かとお察しします。 それにしてもタイは交通事故が多いですね。 コロナ蚊で外出規制が敷かれた2020年は、例年より一 …

遂に捉えた!未確認飛行物体の正体をタイで暴く

みなさん、毎日コロナでお忙しい事かと思いますが、いかがお過ごしでしょうか。 KOBORI-ThailandことKOBORI、改めコボリです。 全世界レベルで、各業界共にコロナ大打撃を受けていると思いま …

サブウェイで田舎者だとバレる危険性について

ロックダウンが続くバンコクですが、みなさんお元気に過ごされてることかと思います。KOBORI-ThailandのKOBORIことコボリです。 私は日本の田舎出身でして、自分の実家と比べてみてもバンコク …

宗教上の理由で牛肉は食べません。和牛以外

皆様、如何お過ごしでしょうか。コボリタイランドです。 隣国マレーシアではリタイアメントビザ発給の条件が厳しくなり、大国に振り回され続けるアフガニスタンには終わりの見えない闘いがあり、これからの時代を生 …

風に戸惑う、強気な僕…

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。 雨が降ったり止んだり、はたまた雨が止んだり降ったり、忙しい日々が続いております。 そんな多忙な毎日の中でも、ふと思い出す懐かしいメロディーがあったりします。 人それ …

第二次世界大戦より現地採用でタイに居住。常に新しい情報が求められている現代に疑問を感じ、バンコク回想録的な古い情報で郷愁に浸る日々。

ちょっと長いですが、タイに来た顛末詳細は下記Noteよりご覧ください。

-あれから13年 ただの都会に感じられるようになったバンコク 序章~第5章
https://note.com/kobori_thailand/n/n897a43adc760?magazine_key=meea26f633fad