タイ移住 懐かしいタイ 移住してからのこと

イサーンからバンコクへ出てきた場合、こうなる

投稿日:

皆さんいかがお過ごしでしょうか。

風邪など召されておりませんでしょうか?

さて私KOBORIですがコロナを召しまして、ホスピテルに閉じ込められていました。

タイの社会保険を利用しての滞在となりましたが、下記ツイートがどなたかの参考になりましたら幸いです。

さて今回は、スマホなどが普及していなかった頃のバンコクでのお話です。

NOKIAのガラケーがステータスで、i-mobileという怪しいガラケーブランドを持っている外国人の僕は周りのタイ人より訝しがられていた訳で、そんな義理人情の世界に生きていた男たちのストーリーとなります。

行先を告げても、そこが何処だか分からない

そんなある日、私KOBORIと友人は、盛り場へ遊びに行くためにタクシーに乗ろうとしました。

行先は、華の都の中心部アソーク。

流しのタクシーを捕まえ、勢いよく乗りみました。

ところが…

アソークってどこ?と聞かれました。

それもそのはず、話を聞けば彼はイサーンからバンコクへ上京して未だ一週間足らずなのでした。

その後も何度か経験する事がありましたが、バンコクに住んでる期間が長ければ長くなるほど、仕事探しや大学に入る為にタイの田舎から出てきたタイ人より、自分の方がよっぽどバンコクの地理に詳しいという事実に気付きました。

タイの田舎の人にもバンコクの夜の輝きを満喫して欲しい…そんな思いから僕の友人はタクシーのハンドルを握りました。

タクシーの窓を流れるバンコクの夜景

友人の運転するピンク色のタクシーは、ネオンで彩られたバンコクを風を切るように走りました。

友人にとっては久々のマニュアル車だったようで、道中何度かエンストしてしまいましたが、ギアチェンの度にガクガク揺れるタクシーの窓にはバンコクの綺麗なイルミネーションが流れては消えていきました。

後部座席に座ったタクシーの運ちゃんの横顔を見ると、運ちゃんの目にもバンコクのイルミネーションが写り込んでいました。

きっと上手く行ってたらいいな、上京。

-タイ移住, 懐かしいタイ, 移住してからのこと
-, , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

タイ語のあいさつ

あなたは、タイ語でちゃんと挨拶ができますか?―はい。私は、できません。 タイ語の挨拶といえば、合掌をしたサワーディーカ(カップ)を思い浮かべる人が多いだろう。しかし現実のタイ社会では、実はあまりメジャ …

タイの手組み式トイレで初顔合わせ

皆さんいかがお過ごしでしょうか。 ハッピーソンクラーン!本当におめでたいですね。 そしてタイのソンクラーン祭りと言えば水掛け。 水掛けと言えば、以前ご紹介させて頂いた僕の知り合いであります、お尻シャワ …

もはやタイ人目線でないと理解できない日本

KOBORI-ThailandのKOBORIことコボリです。 ロックダウンとは言え、相変わらず今日もバンコクは南国の様相で気持ちがいいですね。 皆様も元気にお過ごしの事かと思います。 そしてこの南国の …

タイ現地採用が考える老後

タイ現地採用として就職して、果たして老後は不安でしょうか? 私、個人の意見としては、いつ崩壊するかも分からない日本の年金制度や、既に崩壊している終身雇用制度に寄りかかって生きていくよりは、自分で自分の …

ティクシローとの思い出

小柄でアーティスティックな出で立ちに、突き出たアゴ。タイの歌謡界が誇る、変人キャラのティクシロー氏。ただ、ずっとティク四郎だと勘違いしてました。 タイ人からはピーティックなどと呼ばれているようだが、彼 …

第二次世界大戦より現地採用でタイに居住。常に新しい情報が求められている現代に疑問を感じ、バンコク回想録的な古い情報で郷愁に浸る日々。

ちょっと長いですが、タイに来た顛末詳細は下記Noteよりご覧ください。

-あれから13年 ただの都会に感じられるようになったバンコク 序章~第5章
https://note.com/kobori_thailand/n/n897a43adc760?magazine_key=meea26f633fad