タイの文化 タイ語 タイ文化 未分類

バズるって言葉を初めて使う

投稿日:

こう日本を長く離れていると、芸能人や新しい造語に疎くなっています。

もともとKOBORIはメディアから距離を置いてきたタイプの人間なので、
芸能人も、大好きなお笑いを除けば、電車の吊り革で情報収集するぐらいでした。

だからたまに実家に帰ってテレビがついていると、
若々しく活躍していたあの人が、もう白髪だったりするんですよね。

他にも亡くなっていた事実を知らず、ショックを受けた事もありました。

  • 蟹江敬三さん
  • 尾崎豊さん
  • 西城秀樹さん
  • 松田優作さん

挙げだしたら枚挙にいとまがないです。

新しい造語に関しても、入ってくる情報源がありませんので、
こちらが全く知らない状態で、知ってる事が前提となって話されると、
目も当てられない状態となってしまいます。
いきなり言われて全く反応できなかった言葉には、
下記のようなものがありました。

  • あざーっす
  • インスタ蠅
  • ……ナウ
  • ちょべりば

そんなKOBORIですが、今回初めて若者言葉を使わせて頂く機会を頂けました。
なぜならツイッターの♥をいっぱい貰っちゃったからなんです!
これを巷では「バズる」というらしいという事を知りましたので、
覚えたてで不慣れな言葉ではありますが、バズッた事をお伝えさせて頂きます。


※KOBORI基準では19LIKE以上でバズりとなり、
今回3度目のバズりとなりましたので、このバを借りて御礼申し上げます。

-タイの文化, タイ語 タイ文化, 未分類
-, , , , , , ,

執筆者:

関連記事

タイの宝くじ

毎月1日と16日に社内や街角から聞こえてくる悲鳴。 そう、タイの宝くじ抽選日だ。 令和コロナ時代に入り、給料もカット、もともと副業している人が多いタイ社会だが、この時期になって、社員全員が何某かの販売 …

臆病者の生き残りが今の人類?はタイ人には通じない

わたくしKOBORIですが、僭越ながらとんでもない大発見をしてしまいました。 米のフォーブス誌に寄稿しようか半日ほど悩んだのですが、この大発見を、まずはこのブログの読者様方に公表したい、という思いに至 …

白人の彼氏が欲しい。でも幸せになれれば、それでいいの

皆さんいかがお過ごしでしょうか。 KOBORI-THAILANDのコボリです。 今まで神話のように値上がり続けて来た米国株にも陰りが見え始め、安全資産とされるゴールドや、デジタルゴールドなどと呼ばれる …

タイの男前歌手 Stamp(スタンプ)

タイの男前歌手、Stamp(スタンプ)をご存知ですか? Stampというのはニックネームで、ニックネームとは言っても日本のそれとは違い、子供が生まれた時に両親がつけた「本物の」ニックネームとなります。 …

「人ったらし」のタイ人

タイ人とお付き合いした事のある人はお分かりになると思うのだが、浮気っぽい(と言ったらよいのか、人懐っこいといったらよいのか)人が多い印象がある。 人生を賭けて本気で浮気をしている人もいれば、社内の雰囲 …

第二次世界大戦より現地採用でタイに居住。常に新しい情報が求められている現代に疑問を感じ、バンコク回想録的な古い情報で郷愁に浸る日々。

ちょっと長いですが、タイに来た顛末詳細は下記Noteよりご覧ください。

-あれから13年 ただの都会に感じられるようになったバンコク 序章~第5章
https://note.com/kobori_thailand/n/n897a43adc760?magazine_key=meea26f633fad