タイの文化 タイ語 タイ文化

日泰ラーメンに対する思いの違い

投稿日:

日本にはラーメンという麺料理がありますが、みなさんご存知でしょうか?

そしてタイにはクイッティアオと呼ばれる麺料理がありますが、
みなさんご存知でしょうか?

ただこれら麺料理に対する思い入れに、
タイ人と日本人の間で、大きな差異がある事が分かってきました。


要約しますと、下記のようなものをKOBORI的に感じています。

日本人:麺をすすってお腹を満たし、トッピングを楽しむ。

タイ人:トッピングを楽しんで、サブの麺はまあ残してもいいかな。

これらの衝撃的な違いに初めて気付いたのは、
ある日、会社の同僚たちとクイッティアオ屋台で昼食を楽しんでいる時でした。

タイのクイッティアオは、小腹を満たすにはちょうど良いかもしれませんが、
脂が乗り切って皮膚から染み出し、悪臭を放っているような働き盛りのKOBORIには、
とてもとても満たされる量ではありません…。

バンコクの一般的なクイッティアオ屋の店頭ディスプレイ(日本語訳付き)

当然、2~3杯ほど注文する事になるのですが、
「麺を食べて腹を満たしたい!」と考えている僕にとって、
トッピングの魚ボールや、揚げ豆腐を残すことを、
罪深い事であるとは考えていませんでした。

それを見た同僚のかわいい女の子が一言、
「あー、KOBORIは魚ボールを食べ残してて勿体無いわね。」

そう言う彼女の食べ残しを覗いてみると、
トッピングは全て食べてあったものの、麺が半分ほど皿の中に残っていました。


「なんだ、お前だって麺こんなに残してるじゃないか!」と一触即発の状態になりましたが、
その後、そんな彼女と結ばれる事になるとは夢にも思っていず、
そして実際に結ばれる事もありませんでした。

日本でラーメンを食べてきたタイ人の感想を聞くと、
「美味しかった。でも麺の量が多すぎて、トッピングが少なかった」という感想が多いのも、
今となっては頷けるKOBORIなのでした。

-タイの文化, タイ語 タイ文化
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

臆病者の生き残りが今の人類?はタイ人には通じない

わたくしKOBORIですが、僭越ながらとんでもない大発見をしてしまいました。 米のフォーブス誌に寄稿しようか半日ほど悩んだのですが、この大発見を、まずはこのブログの読者様方に公表したい、という思いに至 …

タイにプンプンと漂う時間感覚とは?

皆様、お元気に過ごされていますでしょうか? KOBORI-Thailandことコボリタイランドの小堀です。 タイに長く住んでいると、どちらが良い悪いという事ではありませんが、時間の捉え方が大きく違うん …

恐怖の体育会系サワディーカップ工場

みなさん、2021年も早くも2月になりましたが、いかがお過ごしでしょうか?元気で明るい話題に満ち溢れている事をお祈りいたします。 さて、タイは微笑みの国と言われていますが、ご存知でしょうか?私も合掌を …

心に刺さるタイの歌 ポンシット・カンピ― (พงษ์สิทธิ์ คําภีร์)

タイの歌にも色々な種類がありますが、プアチビット เพื่อชีวิต(人生賛歌)と呼ばれているジャンルがあります。 僕の感覚だと、「男臭いロック」ぐらいに意訳して良いかと思ってます。 そのプアチビッ …

間違って覚えてたタイ語

タイに住み始めて、何となく聞こえてきた音をマネしてしゃべれるようになった僕のタイ語。耳で覚えたタイ語に限界を感じたのかどうか分からないが、自分なりに文法構成して、間違えて覚えていたタイ語を紹介しておき …

第二次世界大戦より現地採用でタイに居住。常に新しい情報が求められている現代に疑問を感じ、バンコク回想録的な古い情報で郷愁に浸る日々。

ちょっと長いですが、タイに来た顛末詳細は下記Noteよりご覧ください。

-あれから13年 ただの都会に感じられるようになったバンコク 序章~第5章
https://note.com/kobori_thailand/n/n897a43adc760?magazine_key=meea26f633fad