タイ語 タイ語 タイ文化

タイ人にとってのバンコク

投稿日:

タイに関する名称を、外国人が言い易いようにアレンジした結果、
強烈な違和感を覚えることがあります。

そんな中で、タイの首都である「バンコク」という呼び名も、
今となっては私にとって違和感を覚える単語となっています。

日本人が開発したタイ語

身近な所では、コンドミニアムの事を日本人は「今度」と呼んだりしますが、
タイ人の発音では「近藤」の方がより近いと思いますが、
ただこれはそもそも外来語ですので、
日本人、タイ人どちらの発音も、五十歩百歩と言えるでしょう。

私の感覚として最近一番違和感を覚えるのは、「ガパオライス」です。
タイ語ではパット(炒める)ガパオ(バジルの葉)ですが、
日本人に浸透し易いよう、苦肉の策として編み出されたのが
ガパオライスという造語なのかもしれません。

タイに住んでいる身からすると、ガパオライスという言葉は
炒める前の生のバジルの葉が、ご飯の上にちょこっと載っているような、
そんな摩訶不思議な料理を想像しています。

バンコクって何?

海外のニュースに触れる機会も多い昨今の若者はいざ知らず、
私がタイに移住してきた13年前は、バンコクといってもタイ人にはあまり通じませんでした。

それも発音のせいではなく、
タイ人はバンコクの事をクルンテープ(天使の都)と呼ぶのが一般的という事が分かりました。
バンコクと呼んでいるのは外国人だけで、
当の本人たちは、クルンテープと呼んでいる…。


当時付き合っていたタイ人彼女も、初めてその事実を知ったようで、
「バンコック!バンコック!」と、覚えたての言葉をすぐ使いたがって
連発していたのを覚えています。

一刻も早くタイ人社会に馴染みたかった私は、
すぐにこの愛らしく、いかがわしくもある街を、
クルンテープと呼び始めるようになりました。

そして今は、もう一段階上のコートーモー
(クルンテープの音節3つの頭文字を取った略語)、と呼んだりして、
タイ通ぶっています。

-タイ語, タイ語 タイ文化
-, , , ,

執筆者:

関連記事

カンボジアからやって来る、原価ゼロの衣類たち

週の真ん中でない木曜日、みなさんいかがお過ごしでしょうか。 KOBORIは慣れない週5勤務に、四苦八苦しております。 さて、みなさんはタイで極端に安い価格で売らている衣類を見かけた事がありますでしょう …

間違って覚えてたタイ語

タイに住み始めて、何となく聞こえてきた音をマネしてしゃべれるようになった僕のタイ語。耳で覚えたタイ語に限界を感じたのかどうか分からないが、自分なりに文法構成して、間違えて覚えていたタイ語を紹介しておき …

サブウェイで田舎者だとバレる危険性について

ロックダウンが続くバンコクですが、みなさんお元気に過ごされてることかと思います。KOBORI-ThailandのKOBORIことコボリです。 私は日本の田舎出身でして、自分の実家と比べてみてもバンコク …

タイの外来語 ヘッピーブースディ

みなさん、タイ語にも外来語が多い事をご存知ですか? 日本語にもカタカナ英語として定着した、ネイティブから見ると理解しがたいものが多いですが、タイ語にもそのような外来語が存在します。 ただ、タイ語の方が …

急に振られたワイ(合掌)

どうも。KOBORI-ThailandのKOBORIことコボリです。 コロナフィーバーの中、みなさんさぞ元気にお過ごしの事かとお察しします。 この前、少し恥ずかしい経験をしてしまいましたので、皆々様と …