タイ語 タイ語 タイ文化

タイ人にとってのバンコク

投稿日:

タイに関する名称を、外国人が言い易いようにアレンジした結果、
強烈な違和感を覚えることがあります。

そんな中で、タイの首都である「バンコク」という呼び名も、
今となっては私にとって違和感を覚える単語となっています。

日本人が開発したタイ語

身近な所では、コンドミニアムの事を日本人は「今度」と呼んだりしますが、
タイ人の発音では「近藤」の方がより近いと思いますが、
ただこれはそもそも外来語ですので、
日本人、タイ人どちらの発音も、五十歩百歩と言えるでしょう。

私の感覚として最近一番違和感を覚えるのは、「ガパオライス」です。
タイ語ではパット(炒める)ガパオ(バジルの葉)ですが、
日本人に浸透し易いよう、苦肉の策として編み出されたのが
ガパオライスという造語なのかもしれません。

タイに住んでいる身からすると、ガパオライスという言葉は
炒める前の生のバジルの葉が、ご飯の上にちょこっと載っているような、
そんな摩訶不思議な料理を想像しています。

バンコクって何?

海外のニュースに触れる機会も多い昨今の若者はいざ知らず、
私がタイに移住してきた13年前は、バンコクといってもタイ人にはあまり通じませんでした。

それも発音のせいではなく、
タイ人はバンコクの事をクルンテープ(天使の都)と呼ぶのが一般的という事が分かりました。
バンコクと呼んでいるのは外国人だけで、
当の本人たちは、クルンテープと呼んでいる…。


当時付き合っていたタイ人彼女も、初めてその事実を知ったようで、
「バンコック!バンコック!」と、覚えたての言葉をすぐ使いたがって
連発していたのを覚えています。

一刻も早くタイ人社会に馴染みたかった私は、
すぐにこの愛らしく、いかがわしくもある街を、
クルンテープと呼び始めるようになりました。

そして今は、もう一段階上のコートーモー
(クルンテープの音節3つの頭文字を取った略語)、と呼んだりして、
タイ通ぶっています。

-タイ語, タイ語 タイ文化
-, , , ,

執筆者:

関連記事

タイの歴史と共に振り返るアップルの歴史

みなさん、いかがお過ごしでしょうか。KOBORI-Thailandことコボリです。 バンコクは夜23時までの営業許可が出ていますので、そろそろ音楽が聴けるバーもオープンし始めてます。 まだお披露目でき …

タイの宝くじ

毎月1日と16日に社内や街角から聞こえてくる悲鳴。 そう、タイの宝くじ抽選日だ。 令和コロナ時代に入り、給料もカット、もともと副業している人が多いタイ社会だが、この時期になって、社員全員が何某かの販売 …

地鶏大好き!とは限らないタイ人が群がる。 インスタ蠅が飛んでるカフェ

みなさん、地鶏はお好きでしょうか? 一見すると地鶏が大好きな人が多いように見えるタイ人社会。実際、バンコク郊外の田んぼや池やらで、インスタ蠅が飛んでそうなカフェが、一大ブームを巻き起こしております。 …

日本語と似てるタイ語

日本語とタイ語って、意味は違えど発音が似てる言葉って多くないですか? 簡単な所では、カンケ―ナイ。 日本語:関係ないタイ語:カンケ―ナイ=ズボン 他にも色々あるのではないかと考え、日々の生活の糧にして …

タイの外来語 ヘッピーブースディ

みなさん、タイ語にも外来語が多い事をご存知ですか? 日本語にもカタカナ英語として定着した、ネイティブから見ると理解しがたいものが多いですが、タイ語にもそのような外来語が存在します。 ただ、タイ語の方が …

第二次世界大戦より現地採用でタイに居住。常に新しい情報が求められている現代に疑問を感じ、バンコク回想録的な古い情報で郷愁に浸る日々。

ちょっと長いですが、タイに来た顛末詳細は下記Noteよりご覧ください。

-あれから13年 ただの都会に感じられるようになったバンコク 序章~第5章
https://note.com/kobori_thailand/n/n897a43adc760?magazine_key=meea26f633fad