未分類

コーヒーの試飲で悪酔い

投稿日:

タイ人にとって今もっとも起業し易く、
最も潰れやすいと言われている業種、ご存知ですか?

それは、コーヒーショップであるかと思われます。

ラオスに行った際、床屋や美容院がやたらと多い印象だったのですが、
あれは、ハサミさえあれば誰でも床屋がオープンできると考えている人が多いからかな?
と思います。
実際に、物置のようなトタンでできた掘立小屋に、
椅子が1台、ハサミが2、3本置いてあるだけの床屋が多かったです。

タイの場合は、それがコーヒーショップであるかと思います。
コーヒーメーカーさえあれば、僕も私も、コーヒーショップが開店できる!

私の身の回りにもそのようなタイ人の友人が居た為、
実際にコーヒーメーカーを購入する前の機械選びを兼ねた試飲会に参加しました。

ところがコーヒーの試飲会、いつのまにかコーヒーの上に花模様を描く、
バリスタごっこになってしまいました。
もったいないので、模様に失敗したコーヒーを飲んでいたのですが、
途中からとんでもなく気持ち悪くなり、捨てていました。
それでもがんばって飲んだ杯数は、20杯ほど。

さすがのコーヒー党である僕も、心臓が高鳴り、得も言えない気持ち悪さとなり、
参加した他の友人たちも、みんなソファで潰れていました。

ただラオスの床屋がハサミを数十バーツで買えるのに対し、
タイの喫茶店が購入するコーヒーメーカーは、5万から10万バーツのものが多かったで、
価格的なハードルは、タイのコーヒーショップの方が高いかも?
でもそれらの価格的なハードルを精神的なハードルに置き換えて、
タイ人は軽々と越えていきますので、ご安心を。

実際に私の友人が購入を予定していた機械も、
コーヒーショップが大盛況するのを予想し、受け口が2つあるもので10万バーツほどでした。
店舗としてノックダウン式のログハウス30万バーツを購入、
シーサケット県の町の中心部のロータリーの土地賃貸代が月3千バーツほど、
バンコク郊外の格安コンドミニアム1部屋分くらいの投資はしてました。

小金持ちの客層を中心に、そこそこ盛況だったのですが、
近所にAMAZONを併設したPTTのガソリンスタンドができ、
半年で店を閉める事となりました。

-未分類
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

ドンムアン空港への行き方 (1998年最新版)

もう少しで高架電車で行けるようになるバンコクのドンムアン空港。ですが、まだ行けないんですね。 そこで今回はドンムアン空港への行き方を、順を追って説明します。もしどなたかのお役に立ちましたら、幸いです。 …

すぐに行方不明になるタイの嗅ぎ薬ヤードム

みなさん、タイの嗅ぎ薬ことヤードムをご存知でしょうか? ヤー=薬ドム=嗅ぐ タイで一番のシェアを誇るのは、恐らく天下のブランド・ポイシアンかと思われます。 タイに長く住まれている方なら、このメロディー …

BIG Cの映画館で一人

これはある意味、恐怖体験と言ってもいいかもしれません。 当時の私は会社で営業職だったのですが、新規顧客開拓や、既存顧客フォロー等で、忙しくバンコク郊外を走り回っていました。 初めのうちは、本当に大変で …

地鶏大好き!とは限らないタイ人が群がる。 インスタ蠅が飛んでるカフェ

みなさん、地鶏はお好きでしょうか? 一見すると地鶏が大好きな人が多いように見えるタイ人社会。実際、バンコク郊外の田んぼや池やらで、インスタ蠅が飛んでそうなカフェが、一大ブームを巻き起こしております。 …

臆病者の生き残りが今の人類?はタイ人には通じない

わたくしKOBORIですが、僭越ながらとんでもない大発見をしてしまいました。 米のフォーブス誌に寄稿しようか半日ほど悩んだのですが、この大発見を、まずはこのブログの読者様方に公表したい、という思いに至 …

第二次世界大戦より現地採用でタイに居住。常に新しい情報が求められている現代に疑問を感じ、バンコク回想録的な古い情報で郷愁に浸る日々。

ちょっと長いですが、タイに来た顛末詳細は下記Noteよりご覧ください。

-あれから13年 ただの都会に感じられるようになったバンコク 序章~第5章
https://note.com/kobori_thailand/n/n897a43adc760?magazine_key=meea26f633fad